So-net無料ブログ作成
検索選択

【訃報】松智洋が死去!死因は何?代表作は『迷い猫オーバーラン』など

0000.jpg

ライトノベル作家の松智洋さんが2016年5月2日に都内の病院で亡くなったと、3日に集英社ダッシュエックス文庫編集部が公式ツイッターで発表しました。

まだ43歳という若さでした。

ヒット作家の突然の旅立ちにファンの間では驚きと悲しみが広がっています。

今回はこのニュースについて見て行こうと思います。



スポンサーリンク



松智洋さんのプロフィール


0000.jpg

まずは松智洋さんのプロフィールから見ていきましょう。

松智洋(まつともひろ)さんは1972年10月13日生まれの福岡県出身の小説家・ライトノベル作家です。

2008年に『迷い猫オーバーラン!』という作品でデビューし、瞬く間に人気作家となりました。

既婚者で、招子さんという奥さんと幼い男の子がいます。

2016年5月2日に都内の病院でお亡くなりになりました。

43歳でした。



死因は何?


0000.jpg

松智洋さんの死因は肝臓がんでした。

松智洋さんはデビューした後は、非常に早いペースで作品リリース続けていました。

担当編集者が『地獄の?スケジュールで執筆をお願いしていた。』とインタビュー記事で答えていた過去もあり、その忙しさは想像を絶するものだったはずです。

もしかしてですが、あまりにタイトなスケジュールに体が悲鳴を上げて、がんを発症したのではないか?とも思ってしまいます。

そもそも作家という職業は若くして亡くなっている方が非常に多いです。

ライトノベル作家のヤマグチノボルさんは41歳、同じくライトノベル作家の松野秋鳴さんは32歳、SF作家の伊藤計劃さんは34歳でお亡くなりになっています。

この仕事は締切に追われるなどして不規則な生活を送る事が多く、健康状態がよくない場合が多いのかも知れませんね。

もしもそうであるならば、業界全体で改善に取り組んで欲しいと思います。



代表作は『迷い猫オーバーラン』など


0000.jpg

松智洋さんはヒット作家でしたが、代表作を挙げるとすれば『迷い猫オーバーラン!』『パパのいうことを聞きなさい!』『オトメ3原則!』になると思います。

中でもデビュー作の『迷い猫オーバーラン!』は漫画・ドラマCD・テレビアニメ・WEBラジオにもなり大きなヒットになりました。

まだ松智洋さんの作品に触れたことが無い方は、ぜひ一度手にとって見てください。



まとめ&感想


まだ43歳という若さなのにお亡くなりになって、非常に驚いています。

最近は若くして亡くなる作家の方が増えている印象がありますが、体のケアに気をつけて欲しいと感じました。

松智洋さんのご冥福を心よりお祈りいたします。



スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © 速報!芸能ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。